興味深い日本のギャンブルの歴史

他のアジア諸国と同様に、日本にも何世紀にも渡るギャンブルの長い歴史があります。大変古い歴史ですが実に興味深いものです。日本には仏教を信仰する人が多くいますが、仏教ではギャンブルは否定されているにもかかわらず、国民の娯楽として定着しています。

しかし、ギャンブルは常に合法であったというわけではありません。日本におけるギャンブルの起源は、天武天皇が暇つぶしに「双六」をプレイしていた紀元685年まで遡ります。双六は現在のバックギャモンに似たゲームでしたが、後継者によって禁止されました。それでも秘密裏にギャンブルは続けられ、平安時代には闘鶏、闘蟋、競馬など、いろんな物に対して賭け事をするようになりました。

ギャンブルの人気が高まりプロのギャンブラーである「博徒」たちが現われ始めると、政府は大いに憤りました。政府が介入しギャンブルに対する規制をさらに厳しくしました。江戸時代、支配者層である武家階級の間では、領地が失われるとの考えからギャンブルを行うことは許されませんでした。上流階級の人たちはこれをほぼ無視していましたが、平民に適用される法律はかなり厳しくなりました。賭博は法の目の届かない場所で行われ、政府が厳しくするにつれ人々は、ますますギャンブルに興味を持つようになったようです。江戸時代初期に政府はついに、ギャンブルを完全に無くすことは難しいと考え、ギャンブルを「軽い」ものと「重い」ものに分類して規制しようとしました。

what-is-the-future-of-gambling-in-japan

宝くじのような軽いものは法律上合法とされましたが、重いものは違法とされ罰せられました。しかし、それでも人々の気持ちは揺るぎませんでした。ビンころがし、チョボイチ、大目小目、四三四六、狐、四下、ヨイドなどのサイコロゲームに加えて、より斬新なゲームが生まれていきました。16世紀になると、カルタやザンマイなどのカードゲームがだんだん人気を得るようになりました。

鎖国が終わると世界各国のゲームが導入され、文化が融合されていきました。そして1920年代にパチンコが登場すると、日本のギャンブル業界の運命は大きく変わりました。パチンコは、日本の長い歴史の中で最もプレイされる合法的なギャンブルとなりました。法網をくぐりギャンブルをする方法が生み出されたからです。パチンコ店で玉を特殊景品と交換し、交換所でそれを現金化するというシステムです。しかし、それ以外のギャンブルは違法のままです。ウィリアム・ノーマン・トンプソンは、著書『Gambling in America』の中で、日本は人口がアメリカの半分であるにもかかわらず、ギャンブルによる収益はアメリカとほぼ同じである、と述べています。